スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マクロスF】シェリルのねんぷち付き前売り券げっとレポ?


ハイ。
今日はシェリルのねんぷち付き前売り券の発売日です。

発売決まったときから「ぜーーーーーーーーーーったい欲しい!!!」と思って
数ヶ月前から「買えるのかな?」ってソワソワしていました。

本当はランカのねんぷちも欲しかったんだけど、福岡まで買いに出ないといけないので
交通費などを考えると…ランカのときは諦めました。

そしてシェリル、本番です。
発売前から劇場に二度ほど問合せ、ショッピングモールの中にあるので
どこの入り口に並んだらいいのか(入り口いっぱいある)、
何時から入り口が開くのかなどを教えてもらいました。
その時に、50しか入らないと聞いたので、かなり焦りました。

えー!?福岡(ヤフードーム)50セットしか入らないの!?
手に入ると思えない…。

自分の分だけでなく、買いに行けないアルシェリ友達の分も
買う予定だったので、ダンナ様にお願いして
一緒について行ってもらうことにしました。(1人2セットまで買える)
その時にダンナ様が、
「どうせ行くならハンパな時間に行って買えなかったって事がないように、
 始発がいつなのか、駐車場はあるのかとか調べとけ」
って言ってくれたので、調べておきました。

そして、始発組が着くであろう時間より前に着くように
2時起きで自宅を出発しました。

4時45分着。

ホークスタウンモールは真っ暗。
ダンナ様は入り口の前で車を停めて、「お前、並び具合を見てこい」と。
閉まっているお店の間をマネキンにビビリながら、
泣きそうになりながら走りぬけて劇場前に。

店員さんの言っていた「正面の入り口」がわからずうろうろしていたら
一人いた!!
並んでいる方がいました。
中をのぞいても、ポールが立ててあるのでここに並ぶんだろうということで
ダンナ様に報告。

「並んどいていい?」という私に、
「飯ぐらい食わせろ。1人しかいないんだったら、ちょっと飯を買いに行く
10分や20分の間に25人も並ばねーよ」と連れて行かれました。
私はその間もソワソワ(笑)
だって、コンビニ行ってる間に人がいっぱい来るかもしれへんやん!!
(ダンナ様に「ねーよ!」って言われつつ…)

パンを買って戻って行ったら…やっぱり一人だった(笑)

ねんぷちの為に並んでらっしゃるのか確認するとそうだったので
安心して後ろに並びました。
というか、椅子があったので椅子に座ってました。
8時にホークスタウンの自動ドアが開き、
9時15分に劇場が開くのですが、それまで4時間もある!(笑)
暇だし、寒いし、眠いし…3人で黙っているのもあれなので、
前の方に話しかけて3人で話していました。

結局6時過ぎぐらいまで誰も来ず。
私たち3人はかなり不安になってました(笑)
なんか、東京とかすごい並んでいるような情報が
ツイッターからは流れてくるのに、なにこの福岡の状況。
キャナルのほうが人が多いんだろうけど、あっちはどんな感じなんだろうかと。

普通に始発組と同じでも余裕だったなーと。
家であと2時間寝てから出発しても買えたなと思って
早起きして付き合ってくれたダンナ様に申し訳なく思ったのですが、
そうだったら私はきっと落ち着かなかっただろうから、
やっぱり早く来てよかったのだとも思いました。

8時の時点で、20人弱だったでしょうか。
一人2セット買ったら25人でアウトなので、
もうそろそろ危ないラインだなと思いながら見ていました。

劇場員の方が整理をはじめ、ホークスタウンの方は限定50セット、
キャナルシティの方は限定300セットというのを聞いて、
この差はなんなんだろうと思いました(笑)
劇場員が整理を始めた時点でもう、
後ろのほうの人は買えない数になってましたし。
もうちょっとこっちに回してもよかったんじゃないかと。

朝早くから頑張ったおかげで、無事友だちの分も含めゲットできました!

04hUk.jpg

一緒に並んでいた人とも、すっかり(?)仲良くなったので
アドレス交換して別れました。


運転してくれているダンナ様には悪いんだけど、
帰りはうとうとしちゃいました。
頑張って起きている努力はしたんですが…(汗)
帰宅したら言わずもがな、二人とも泥のように眠りました。

| すいさいにっき。ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://suisaiki.blog44.fc2.com/tb.php/435-c553de3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。